ジタバタする50代!プロフィールはこちら>>

【50代お金の不安】生命保険はもういらない?〜資産の確認をしてみよう②

お金の不安

定期的に保険の見直しはしていますか?

特にしてないけど?

そんな人にぜひお伝えしたい!

この記事では、50代の生命保険の見直しについてお伝えしていきます。

我が家では、2021年夏の生命保険更新時に見直しをしました。

その結果、給料からの天引きされていた保険料が毎月約8,000円も少なくなったんです。

よくよく考えると50代になり子どもたちが自立したら、夫が死亡時にもらう数千万というお金はもう必要ありませんでした。

生命保険は当たり前、掛けてないと不安という思い込みを捨て、大事なお金を減らさずにすみました。

保険の役割とは

そもそも保険の役割とは、確率は低いけれど損失が大きいものに備え加入するものです。

ともふん
ともふん

次の3つは必要な保険です

  • 火災保険
  • 自動車用対人対物無制限の損害保険
  • 子供が小さい場合は掛け捨ての生命保険

出典:書籍”お金の大学”

火災保険

ともふん
ともふん

住宅物件の火災保険は主に2種類

  • 住宅火災保険
  • 住宅総合保険
ともふん
ともふん

2つの違いはこちら↓

補償の範囲
損害住宅火災保険住宅総合保険
火災・落雷・爆発・破裂
風災・ひょう災・雪災
水害(水災)
給排水設備事故による
水漏れ
盗難
外部からの落下・飛来
衝突
持出家財の損害
地震・噴火・津波

失火責任法では、軽過失によって起こした火災で隣家に損害を与えたとしても、隣家に対して賠償責任を負わなくてよいとなっています。

つまり自宅が隣家からもらい火をした場合でも、自身の保険で賄うということ。

ただし賃貸の場合、家主に対しては損害賠償責任を負います

出典:FPの教科書3級

火災保険一括見積もり依頼サイトはこちら

損害保険(自動車保険)

ともふん
ともふん

自動車保険は2つ

  • 強制加入の自動車保険(自動車損害賠償責任保険)
  • 任意加入の自動車保険(民間の保険)
ともふん
ともふん

強制加入の自賠責保険とは?

自賠責保険

補償対象→対人賠償事故のみ

保険金の限度額(死傷者1人あたり)

  • 死亡事故→最高3,000万円
  • 傷害事故→最高120万円
  • 後遺障害→75万〜4,000万円(障害の程度による)
ともふん
ともふん

民間の保険には次のようなものがあります

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 車両保険
  • 人身傷害補償保険
ともふん
ともふん

対人・対物の無制限賠償保険は必須です!

出典:FPの教科書3級

無料の自動車保険一括見積もりサービスはこちら

生命保険

ともふん
ともふん

基本的な生命保険のタイプは3種類

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険
定期保険
  • 保障は一定期間
  • 保険料は掛け捨て
  • 満期保険金はない
ともふん
ともふん

定期保険は保険料安め

終身保険
  • 保障が一生涯続く
  • 満期保険金はない
  • 解約返戻金が多い
ともふん
ともふん

一時払い終身保険の場合、早期解約で解約返戻金が払込保険料を下回るので要注意

養老保険
  • 保障は一定期間
  • 満期保険金(死亡保険金と同額)が受け取れる
ともふん
ともふん

保険料は高めの傾向

出典:FPの教科書3級

高額療養費制度とは

ともふん
ともふん

日本は国民皆保険です

医療費にかかる自己負担は原則3割。

そして、自己負担には上限があります。

高額療養費制度とは

月間の医療費の自己負担額が一定を超えた場合、その超過額について請求をすればあとで払い戻される制度のこと

70才未満の自己負担限度額の計算は次のとおり。

自己負担限度額
所得区分自己負担限度額
標準報酬月額83万円以上
(報酬月額810,000円以上)
252,600円+(総医療費−842,000円)✕1%
標準報酬月額53万円〜79万円
(報酬月額515,000円以上810,000円未満)
167,400円+(総医療費−558,000円)✕1%
標準報酬月額28万円〜50万円
(報酬月額270,000円以上515,000円未満)
80,100円+(総医療費−267,000円)✕1%
標準報酬月額26万円以下
(報酬月額270,000円未満)
57,600
住民税非課税世帯(低所得者)35,400
ともふん
ともふん

一例を挙げると次のようになります

  • 40歳(所得区分は上記ウ)
  • 医療費が150万円かかった
  1. 病院に支払い→150万円✕3割=45万円
  2. 自己負担限度額()→80,100円+(1,500,000円−267,000円)✕1%=92,430
  3. 返金金額→1−2=357,570

出典:FPの教科書3級

保険内容を確認してみよう

それぞれの保障内容を確認

ともふん
ともふん

現在の保障内容を確認してみましょう

火災保険
  • 住宅火災保険か
  • 住宅総合保険か
  • 地震保険はどうなってるか
自動車保険
  • 対人、対物無制限になっているか
  • 車両保険に入っているか
  • その他の保険は
生命保険
  • 保障期間は一定期間か一生涯か
  • 死亡保険金額はいくらか
  • 医療保障の内容は
  • 先進医療などの特約は

家族構成の変化

ともふん
ともふん

保険契約時と現在の家族構成は変わっていませんか?

我が家の場合はこうでした。

  • 契約時→夫・わたし・娘・息子
  • 現在→夫・わたし

資産額(現金)の確認

ともふん
ともふん

現金の確認はできましたか?

確認方法はこちら↓↓

【50代お金の不安】現金は全部でいくら?資産の確認から始めよう①

生命保険の解約返戻金がある場合は、現金資産として計算します。

ともふん
ともふん

まだの人は、ぜひやってみてくださいね!

保障内容は現状と合ってる?

火災保険、自動車保険、生命保険についてお伝えしてきました。

そういえば、ずっと見直ししてなかった!

ともふん
ともふん

気付いたら、ぜひこの機会に見直してみてください

見直ししたらこうなった

ともふん
ともふん

我が家で見直したのはこのとおり↓

自動車保険
  • ネット保険に変えた(おとなの自動車保険)
  • 車両保険はやめた
  • 運転者はわたしと夫のみに(子どもは入れない)

車両保険は、修理代の前払いという考え方を知ってやめることに

子どもを保障から外したのは、子ども自身で自動車保険に加入したから。

生命保険

死亡保険金の受取りをやめた

子どもたちが自立したので、夫が死亡時にもらう死亡保険金はもう必要なくなりました。

見直すポイント

ともふん
ともふん

見直すポイントは家庭によってそれぞれです

  • 家族構成
  • 子どもの自立
  • 持ち家か賃貸か
  • 車を運転するのは誰か
  • 現金はいくらあるか
  • 老後資金はどうするか
ともふん
ともふん

悩むポイントがいくつもありますね

こちらの本も参考に↓

楽天ブックス
¥1,760 (2023/11/04 22:08時点 | 楽天市場調べ)

えー自分だけで決められないし、よくわからない…

ともふん
ともふん

それなら、保険の相談をしてみては?

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

相談は無料ですが、どのような提案をしてくれるかがポイント。

  • 保障内容が今より手薄にならない
  • 保険料が今より安くなる

そんな提案をしてくれるならひとまず安心。

しっかりと話しを聞いてみてください。

ともふん
ともふん

最終的には自分で判断しましょう

保険の見直しをしてみよう!資産の確認②まとめ

ともふん
ともふん

保険の見直しをまだやってない人は、この機会に見直しましょう

そもそも保険の役割とは、確率は低いけれど損失が大きいものに備え加入するものです。

ともふん
ともふん

必要な保険はこの3つ

  • 火災保険
  • 自動車用対人対物無制限の損害保険
  • 子供が小さい場合は掛け捨ての生命保険
ともふん
ともふん

日本は国民皆保険です

医療費にかかる自己負担は原則3割、しかも自己負担には上限がある

ともふん
ともふん

高額療養費制度があります

月間の医療費の自己負担額が一定を超えた場合、その超過額について請求をすればあとで払い戻される制度のこと

たとえば、報酬月額27万以上51万5千円未満の40歳の人で、医療費が150万円かかった場合。

  • 病院に支払うのは45万円だけど
  • 自己負担限度額は92,430円なので
  • 後日357,570円返金される
ともふん
ともふん

現在の保障内容を確認して、見直してみましょう

火災保険
  • 住宅火災保険ですか
  • 住宅総合保険ですか
  • 地震保険には入っていますか
自動車保険
  • 対人、対物無制限になっていますか
  • 車両保険は必要ですか
  • その他の保険には入っていますか
生命保険
  • 保障期間は一定期間ですか、一生涯ですか
  • 死亡保険金額はいくらですか
  • 医療保障の内容はどのようになっていますか
  • 先進医療などの特約は必要ですか
ともふん
ともふん

見直しのポイントはこちら

  • 契約時と家族構成は変わりませんか
  • 子どもは自立しましたか
  • 持ち家ですか、賃貸ですか
  • 車を運転するのは誰ですか
  • 現金はいくらあるか確認しましたか
  • 老後資金はどうするか考えましたか
ともふん
ともふん

どうにも自分で決められないときは、保険の窓口なども活用しては?安心ポイントは↓

  • しっかり話を聞いてくれる
  • 保障内容が今より手薄にならない
  • 保険料が今より安くなる
たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】

ともふん
ともふん

最終的な判断は自分で!

めんどくさい作業かもしれません。

でも、ムダな保険料を知らずにずっと払ってた!なんて悲しすぎませんか。

自分のお金をいちばん大事に思っているのは、自分だけ。

ムダをなくして、不安のない未来にしていきましょう。

【50代生き方ブログ】これから楽しく生きていくと決めた!

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました