ジタバタする50代!プロフィールはこちら>>

【50代の生き方】結婚30周年!50代夫婦はこれからどう生きるか

50代の生き方

3月は私たち夫婦の結婚記念日です。

そして2024年、結婚して30年が経ちました。

ともふん
ともふん

あっという間です

娘と息子は既に独立していて、今は夫婦二人のゆったりとした暮らし。

このゆったりした感じが居心地いい反面、このままでいいのかな?とも思う日々。

50代夫婦はこれからどう生きるべきなのでしょうか?

>>私は楽しく生きると決めた!詳しくはこちらから

結婚30年は「真珠婚式」

真珠婚式は知りませんでした

結婚25年の銀婚式や、50年の金婚式は一般的でよく知られていますよね。

キリのいい30年にも何か名前があるのでは?と思って調べてみたら、こんなにたくさんの記念日がありました。笑

結婚記念日一覧
  • 1年目・紙婚式
  • 2年目・藁婚式(綿婚式)
  • 3年目・革婚式
  • 4年目・花婚式
  • 5年目・木婚式
  • 6年目・鉄婚式
  • 7年目・銅婚式
  • 8年目・ゴム婚式
  • 9年目・陶器婚式
  • 10年目・錫婚式(アルミ婚式)
  • 11年目・鋼鉄婚式
  • 12年目・絹婚式
  • 13年目・レース婚式
  • 14年目・象牙婚式
  • 15年目・水晶婚式
  • 20年目・磁器婚式(陶器婚式)
  • 25年目・銀婚式
  • 30年目・真珠婚式
  • 35年目・珊瑚婚式
  • 40年目・ルビー婚式
  • 45年目・サファイア婚式
  • 50年目・金婚式
  • 55年目・エメラルド婚
  • 60年目・ダイヤモンド婚
ともふん
ともふん

全然知らなかった…

結婚30周年のお祝いランチ

お昼からビールとチューハイで乾杯
デザート付き♪

結婚記念日は平日でしたが、夫が人間ドックでお休みだったためランチに行きました。

お昼からお酒とステーキのガッツリ定食を満喫!笑

ともふん
ともふん

たまにはいいでしょう

夫が国の指定難病に

2024年1月に夫が手術

実は2024年1月、夫が副鼻腔炎の手術を受けました。

命に関わる病気ではありませんが、この数年はQOL(生活の質)がダダ下がり。

鼻の奥が腫れてニオイを感じない、食事の味もほとんどわからないという状態でした。

3年ほど同じ病院に通っていてもちっとも良くなる気配はなく、毎日薬を飲み続けるだけ。

「他の治療法もあるのでは?」と考え、別の病院を受診することを提案しました。

2023年秋に病院を変え検査してわかったことは、

  • このまま薬を飲み続けてもおそらく症状は変わらないこと
  • 100%良くなる保証はないけど手術という方法もあること
  • 組織をとって調べないとわからないけど指定難病の可能性もあること

結果、手術は無事成功しニオイと味がわかる生活に戻りました。

そして指定難病の「好酸球副鼻腔炎」ということも判明。

この病気は再発しやすく、これからも定期検診が欠かせません。

定年まであと少し

夫の定年は2年後

私は1年前に早期退職しましたが、夫は定年まであと2年働く予定です。

定年後の予定は未定。

もしかすると定年延長でもう少し働くつもりなのかも?

その時になってみないとわからないけど…

私は2回転職を経験しているので、仕事を辞めた後の虚無感や不安感には少し耐性があります。

ただ夫にはそういう経験がないせいか、仕事を辞めた後は何をしたらいいのかがわからない様子。

ともふん
ともふん

もっと自由に楽しく生きてみたらいいじゃん!

そう気楽に思っているのは私だけ?

50代のこれからどう生きるか問題、なかなか道は険しそうです…

>> 50代で考えてほしいことはこちら!ぜひチェックしてみてください

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました