ジタバタする50代!プロフィールはこちら>>

【50代お金の不安】住宅ローン借り換えしたほうがいい?!2024年4月の金利決定

お金の不安

2024年3月30日付の読売新聞経済面に、住宅ローン金利に関する記事が載ってました。

2024年3月30日の読売新聞経済面

2024年3月、日銀が17年ぶりにマイナス金利政策を解除することを発表してから、こんな心配をする人も多かったのでは?

「住宅ローン金利が上がっちゃう!?」

住宅ローン利用者の約7割が選んでいる「変動型」は、借入期間中も金利が変動しますから不安になりますよね。

記事を見てみると、4月の大手銀行の住宅ローン金利は3月と変わらないようです

大手銀行4月の変動型最優遇金利(借り手の信用度による)はこの通り↓

  • 三菱UFJ銀行 0.345%
  • 三井住友銀行 0.475%
  • みずほ銀行 0.375%
  • りそな銀行 0.340%

※2024年3月30日付の読売新聞経済面より

ひとまず安心といったところですが、今後の動きには注意が必要ですね。

住宅ローンの借り換えはモゲチェック

住宅ローンの見直しで総返済額が200万円以上減らせる!?

住宅ローン減らせるかも?!

我が家は築25年の分譲マンションで、マンション購入時には住宅ローンを利用しました。

当時の住宅ローンは金利が2%(10年後には4%!)と、今では考えられないほど高かった…

「とにかく一刻も早くローンを返済しないとマズい!」と思い、6年半で完済しました。

>>もっと詳しく!住宅ローンを返済した記事はこちらから

住宅ローンに限らず、ローンは少しでも早く返済するにこしたことはありません。

たとえ早期返済がむずかしいとしても、住宅ローン内容の見直しをするのは誰もができることです

家計の見直しを考えている方や以下のいずれかにあてはまる方は、返済額が安くなる可能性があります。

  • 現在金利が0.6%以上
  • ローン残債が1,000万円以上
  • 今から5〜10年より以前に住宅ローンを借りた

住宅ローンの見直しを考えている人におすすめしたいのが「モゲチェック」です。

モゲチェックはどの銀行でどのような条件で借り換えられるか、 ウェブで診断できるサービスです。

モゲチェックでわかること
  • お客様の登録情報と銀行の審査基準をもとに「どこの銀行でいくら減らせるか」がわかる!
  • よりおトクに借りる方法がアドバイスでわかる!
  • 横比較表で銀行ごとの違いがわかる!
  • 住宅ローンを借り換えるまでの手続きの流れがわかる!

モゲチェックで返済額を削減した事例

事例1(40代女性)

  • 金利 1.75%(固定)→ 0.389%(変動)
  • 総返済額 約240万円 削減

事例2(40代男性)

  • 金利0.75%(変動)→ 0.389%(変動)
  • 総返済額 約180 万円 削減

※ネットバンク、大手銀行、地方銀行などの主要金融機関から診断

モゲチェック2022/10/1〜2023/9/30 借り換え登録者の平均削減額実績は約210万円です

完全無料の住宅ローン比較サービス「モゲチェック」 診断結果は、スマホやPCで即時に表示!

入力5分!借り入れ中の住宅ローンがいくら減らせるかわかります↓

住宅ローンの見直しはモゲチェック

利用者数20万人超!住宅ローンの見直しを考えている人は使ってる

2024年4月、モゲチェックの変動型住宅ローンランキングはこちら↓

  1. SBI新生銀行 0.290%
  2. SBIマネープラザ✕SBI新生銀行 0.290%
  3. auじぶん銀行 0.298%
  4. SBIマネープラザ 0.320%
  5. 住信SBIネット銀行 0.320%

※住宅ローンの借り換えには審査があります

2024年4月の住宅ローン金利は3月と比べて大きな変化はありませんでした

それどころか、変動型はむしろ金利が低下しているところも?!

50代にとって今のうちに借り換えを検討することは、老後資金にも大きく影響してきます。

ぜひチェックしてみてくださいね!

>>お金の不安の記事一覧はこちらから

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました