ジタバタする50代!プロフィールはこちら>>

【50代マンションリフォーム】水回りを新しくしたいと思ったときにやったこと3つ

マンションリフォーム

我が家は築25年のマンションです。

2021年12月にタカラスタンダードでキッチン・バス・洗面をリフォームしました

>>マンションリフォームの記事一覧はこちらです

リフォームしたいと思ったとき、あまりに漠然としていて何から手をつけていいのかわかりませんよね。

私もリフォームするまでには考えることがあり過ぎて、しばらく時間が必要でした。

そこでこの記事ではリフォームを考えている人の背中を押すべく、最初の小さな一歩をお伝えしていきます。

その後我が家のリフォームは順調に進み、リフォーム内容もかかった費用にも納得の大満足できるものになりました。

リフォームを思い立った日から完成までを振り返ると、最初の小さな一歩がすべての始まり。

まずはここから始めていきましょう。

タカラスタンダードの公式サイトはこちら

①リフォームの参考になる本を見る

まずはじめに本屋さんへ

水回りのリフォームしたいと思ったとき、まず最初にしたことはリフォームの参考になる本をを探したこと

本屋さんで立ち読みしたり、気になる本もいくつか買ってみました。

「新しくしたい」

「リフォームしたい」

と思っていても、まだ頭の中に具体的なイメージはない状態。

自分の好みなんて、わかっているようで案外あやふやなものだったりしますよね

それが本を見ていると、

「これが好き」

「こっちはあんまり好きじゃない」

ということがわかってきます。

たくさんのイメージが視覚化されているところが本の良いところ

自分が好きな形や色がだんだんハッキリしてきます。

ともふん
ともふん

今ならインスタも参考になりそうですね

>>築23年のキッチンどう変わった?詳しくはこちらの記事へ

②ショールームに行く

ショールームに行かないとわからなこともあります

だんだんわかってきた好きなリフォーム後のイメージも、本で見ているうちは平面的なもの

立体的に見たくなりますよね!

「色や質感、大きさ、使い勝手はどんな感じ?」

「他にもっといいのがあるかも!?」

「最新の設備を見てみたい!」

そう思うのは必然的なこと。

ともふん
ともふん

それなら実物を見に行かないと!

まずは近くにある、行きやすいショールームへ気軽に行ってみてください。

まだリフォーム検討中の段階でも、工務店などを通さなくても大丈夫。

ショールームの見学は個人でも予約可能です。

さらにWEB検索して見学予約しておくと、スムーズに見て回ることができます。

できるだけたくさんのショールームに行くのがおすすめです。

>>キッチンとおそろいの食器棚にして正解!こちらからご覧ください

\ショールームのWEB予約はこちらから/

③商品価格を知る

商品の価格を確認

マンション水回りのリフォームは、費用も時間もかかる大きな買い物です。

特にリフォーム費用には注意が必要です。

まずは水回り商品の価格を把握しておきましょう

色々なメーカのショールームに行ってみると、商品価格の差に驚くこともあります。

ただショールームの価格は定価で、ほとんどが値引き前提のもの

値引き割合もメーカによって大きく違います。

リフォームには商品以外に工事費用などもかかります。

まずは商品価格を確認し、予算を事前に考えておくことが大事です。

>>水回りリフォーム費用を大公開!費用をおさえるコツはこちらの記事で詳しく解説しています

水回りリフォーム最初にやったことまとめ

見る・行く・知るから始める

リフォーム最初の一歩はこの3つ↓

  • リフォームの参考になる本を見る
  • ショールームに行く
  • 水回り商品の価格を知る

本を見て好きなイメージを描きながら、ショールームに行って実物と価格を確認すること

ともふん
ともふん

まずはここから!

水回りのリフォームには、費用も時間もかかります。

リフォームのイメージを描きつつ情報収集していきましょう。

リフォームで失敗しないためには、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

\商品ラインナップはこちらから!/
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ マンション暮らしへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました