ジタバタする50代!プロフィールはこちら>>

【50代の投資】新NISAでつみたて投資!2024年2月の残高報告

NISA

私が投資を始めたのは50代になってから。

インフレ対策や老後資金のことも考え、2022年2月からつみたてNISAを始めました。

NISA(ニーサ)とは「少額投資非課税制度」のことで、NISA投資枠から得られた利益に対して税金が非課税になる制度のことです。

NISAについてはこちらの記事も参考にしてみてください↓

そして2024年から新NISAが始まりました

新NISAでのつみたてについてはこちらの記事をご覧ください↓

この記事では次の2点についてお伝えしていきます。

  • 2024年から新NISAで始めたつみたて残高
  • 2022年2月から始めたつみたてNISAの残高

「50代から投資を始めても大丈夫?」

「50代から投資を始めても遅いんじゃない?

もしこんなふうに考えているなら、無意識の思い込みに気づくチャンスです。

投資は若い時から始めたほうがいいのはもちろんですが、50代でも決して遅くありません。

投資を始めてよかったことは、自分のお金と真剣に向き合うようになったこと

自分のお金と真剣に向き合うと、

  • 無駄遣いに気づく
  • お金の使い方を考える
  • 家計改善になる

すると将来のお金の不安が少しずつ減り、心が軽くなるのを実感できるようになっていきます。

\ネットで簡単に口座開設できます/

2024年から始めた新NISAつみたて残高

ともふん
ともふん

旧NISAと新NISAの違いはザックリこんな感じ

旧NISAの主な内容
新NISAの主な内容はこの通り

新NISAのつみたて投資枠では、下記の通り毎月積立てしています。

  • 毎月発注日→2日
  • 毎月積立額→30,000円

そして2024年2月13日現在、新NISAのつみたて残高はこのようになっています。

SBI証券アプリの画面
  • 評価額 62,633円
  • 評価損益+2,631円(+4.38%)

>>前月のNISA残高はこちらから

2022年2月から始めた旧つみたてNISA残高

旧つみたてNISAの投資期間は、2022年2月から2023年12月までの23ヶ月間。

旧つみたてNISAは投資から20年間非課税で運用継続できるので、必要になるまでこのまま放置です。

そして2024年2月13日現在、旧つみたてNISAの残高はこの通り。

SBI証券アプリの画面
  • 評価額 978,688円
  • 評価損益+212,006円(+27.65%)

>>NISAの記事一覧はこちらからご覧いただけます

ネット証券で証券口座を開設しよう

証券口座開設はネット一択

証券口座は必ずネット証券で開設しましょう!

オススメはSBI証券

近くの銀行や証券会社の窓口で開設するのはオススメできません。

なぜなら、株取引すべてにおいて手数料が高いから。

オススメはネット証券最大手のSBI証券です!

ともふん
ともふん

わたしもSBI証券です

>>SBI証券口座の開設手順はこちらの記事で詳しく解説しています

>>NISAのつみたて投資設定はこちらの記事で詳しく

証券口座開設時に、便利なネット銀行口座も一緒に作っておきましょう。

理由はこちらで解説しています↓

新NISA&旧NISAつみたて残高報告まとめ

つみたてNISAは毎月コツコツ続けよう

2024年2月のNISAつみたて残高は次の通りです。

新NISA
  • 評価額 62,633円
  • 評価損益+2,631円(+4.38%)
旧NISA
  • 評価額 978,688円
  • 評価損益+212,006円(+27.65%)

旧つみたてNISAは20年非課税で運用できるので、このまま様子をみます。

>>前月のNISA残高はこちらです

2024年からは新NISAがスタートしました!

  • 最大利用可能額→1,800万円

  • 投資期間→無期限

この神制度を利用しないなんてもったいない!

今すぐ証券口座を開設しましょう。

>>証券口座開設手順はこちらから

>>NISAつみたて投資の設定方法はこちらから

ともふん
ともふん

つみたて投資は長期投資が基本です!

最低でも10年、できれば15〜20年コツコツ毎月積み立てていくもの。

ただ投資はあくまでも自己責任となりますので、余剰資金で始めることが鉄則です。

新NISAを活用して豊かな未来にしていきましょう!

\まずは新NISAについて確認してみよう/
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました